石垣島と本州の物価の違いのお話

石垣島と本州の物価の違いのお話
MENU

石垣島と本州の物価の違いのお話

石垣島移住,石垣島移住生活,石垣島移住者,石垣島移住方法

 

石垣島に住んでいるとよく
「田舎だから物価も安そうでいいね」
など言われるのですが。

 

ところがどっこい!

 

電気、ガス、水道、野菜など
本州の地方都市と比べれば
全然高いです。

 

 

家賃も、2DLで6万ほどなので。
「都会と比べれば安い」には
安いんですが。
沖縄本州と比べれば
やや高い設定のお家が多いです。

 

 

電気代や水道なども基本料金が高め。ガスはプロパンが主流なのでこれも高め。

 

野菜などもほぼ「本州」から運ばれてくるので
その交通費が上乗せされるんでしょうね・・・
大根が一本一番高い時で580円とかあってビックリしました。

 

 

貧乏の味方、【モヤシ】も一袋50円〜138円
ゴーヤですら本州と変わらない値段です。

 

 

沖縄の中でも八重山は特に最低賃金も安いですし
みんなどうやって生活してんだ・・?と謎が深まります。

 

 

だた、実際生活してみると、確かに「生活に必要な物価」は
高いんですが。

 

それ以外に特にお金使う事は少ないですしね。

 

靴も、一年中島ぞうりと呼ばれるビーチサンダル(400円ほど)でOK
過ごせますし、真冬を除けばTシャツでOKなので
季節ごとに服を買い換える回数も減ります。

 

 

 


スポンサードリンク スポンサードリンク
このページの先頭へ